スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Photololigo edulis

  • 2012/03/18 21:13
  • Category:
DSC00128_convert_20120318210043.jpg

ケンサキイカ(剣先烏賊、Photololigo edulis)はツツイカ目ヤリイカ科に属するイカの一種。
ウロトゥチス属(Uroteuthis)ケンサキイカ亜属に分類されることもある。

味がよく、日本各地で漁獲されている。アカイカ・シロイカ・マルイカ等の別名がある。
12月-2月の冬場は水深80-100mの深場に生息し、春先の水温上昇とともに浅場へ移動する。
通常サイズは20-40cmで、特に大型のものは「弁慶」の別名で呼ばれる。
福岡県・玄界灘と言えばこの「ケンサキイカ」を指し、佐賀県・唐津・呼子では「ヤリイカ」呼ばれている。
純白のケンサキイカに対して、スルメイカは赤茶色を帯びていて見分けが付けやすい。
デリケートな生き物なので保存は難しいが、呼子では「生きつくり」が食べられる。
そのほか、てんぷら、しゅうまい、塩辛、ご当地バーガーなど、バラエティーな料理が楽しめる。
大型で肉厚の上味がよいため、特にスルメの材料として珍重され、
ケンサキイカのスルメは一番スルメと呼ばれて最も上等のスルメとされる[1]。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://keisuke308.blog26.fc2.com/tb.php/983-d33e997e

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

gozonji36

Author:gozonji36
平日は行きつけの飲み屋で酒飲んでいます。
休日は、山を歩いています。

CustomRssReader

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。