ジャネーの法則

IMG_0736.jpg

19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、
主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、
年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明した。
簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。

と、いうものだ。

まあ、年をとると時が過ぎるのが早くなるっちゅうことである。

で、この理論をもとに人生の折り返し地点を計算してみた。(反比例ってやつですね)
何歳まで生きるか分からないのでとりあえず100歳まで生きるてことで簡易的にシミュレーションした。

したら、衝撃的な結果が叩き出された。






主観的な記憶の人生の折り返し地点はは7歳でした。




でも1歳や2歳の頃、記憶ないからねえ。。。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://keisuke308.blog26.fc2.com/tb.php/1537-7bf9388f

Comment

賢パパ@今日も仕事だよ

って、言うことは私の場合でも10歳かそこいらってことになるんでしょうかねぇ?
「還暦は人生の折り返し点」ぢゃないんですね~。
  • URL
  • 2015/06/13 04:06
  • Edit

御存知

賢パパ、こんにちは。

まあ、時間の感じ方ですからね〜
しかも、赤ちゃんの頃って記憶残ってないしねぇ。
一法則てえやつですよ。
  • URL
  • 2015/06/13 15:17

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

gozonji36

Author:gozonji36
平日は行きつけの飲み屋で酒飲んでいます。
休日は、山を歩いています。

CustomRssReader

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-