台北 國立故宮博物院

翠玉白菜という作品を知ったのは数年前

蔵前仁一という人の本を読んだ時のことだ。
(まあ、貧乏旅行の顛末を本にしているような人だ。)
イラスト付きで精巧な[白菜]を紹介していた。

その、[白菜]が日本に来るのである。
(ただし、展示期間はこの[白菜]だけ6/24-7/7、その他は9/15までなのだ)

じゃあ、見てくるかな、と思って国立博物館に行ってきました。


20140629 002

正門を入ると、、、タダナラヌ雰囲気である。
誘導係の人が

『ハクサイはこちらです。』←ほんとうにこう言った。冷静に聞くとかなり違和感がある。
私は八百屋やスーパーにいるのではない、博物館の敷地内なのだ。

と不思議な方角(法隆寺宝物殿の方)を指し示す。
そちらの方角に向かっていくと

プラカードに『160分待ち』と、あった。

ぐぁ、このくそ暑い中そんな待ってられるかよ。
そんな待たせるんなら、写真で、十分だ。

特別展は平成館で展示されるのですが
今回、白菜だけは本館で、それ以外は平成館だったので

列には並ばず、さっさと平成館に行き、[白菜]以外を見てきました。
[白菜]はいつか、台湾に行ったときにとっておくのである。

20140629 004
スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

gozonji36

Author:gozonji36
平日は行きつけの飲み屋で酒飲んでいます。
休日は、山を歩いています。

CustomRssReader

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-